ある時期セコガニと呼びます

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これはガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。

六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、特に瀬戸内海では蟹といえばガザミ(渡り蟹)を指すほど代表的な蟹です。

そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食するスタイルが最もスタンダードだといえます。

さらに、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。

松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。

松葉ガニと比べてみれば、おおむね小さいカニがほとんどですが卵が甲羅の中に詰まっており味わいも豊かで、このかににしかない味を愛する方がたくさんいるのです。

このかには、11月から1月までしか漁の解禁期間が限られるので幻のかにといわれる所以です。

紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっともらしく言われますが違う、と断言できます。

紅ズワイガニの当たりはなくおいしいと思ったことがないならおいしい紅ズワイガニを味わったことがないだけだと思います。

新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べてもおいしいの一言に尽きます。

ただ、非常に鮮度が落ちやすいので誤解が生まれるのも仕方がありません。

蟹の名産地は国内にいくつかありますが、現在では、便利な北海道のカニの通販があるので、誰でも各地から届けられた、獲れたての蟹を味わえます。

ひとえに蟹と言っても色々ありますが、中でもズワイ蟹は一番人気の蟹といえます。

皆さんも聞いたことがあるでしょうが、ズワイ蟹には蟹本来の旨みがあり、甘みの強いその味は、多くの蟹好きの心をとらえて離しません。

また、同じズワイ蟹でも、獲れた場所や旬の時期によって品質に当たり外れがあるので、ブランド蟹を選ぶとよいでしょう。

例えば越前ガニ、松葉ガニなどです。

せっかくの蟹を美味しく味わおうと思えば、正しい手順を押さえ、ちゃんとした調理をすることが大切です。

色々な食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、その際の鉄則が分かっているかどうかがまず大事なことです。

多くの方が気になるそのコツというのは、単純なようで大事なことですが、大きな鍋を使うことなのです。

脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。

そうしたら、美味しい茹で蟹が簡単にできます。

かにのおいしい食べ方がわからない、という声もありますが、「焼きがに」いかがですか。

自宅で十分、かにのおいしさを堪能できます。

焼きがにでは解凍が重要です。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。

ゆっくりと、半日くらいかけて解凍できるといいですね。

半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。

かにのシーズンになれば、どうしてもかにを食べたくなりますね。

北海道など、かにの産地から直接買える北海道のカニの通販のサイトを利用してはいかがでしょうか。

冷凍のかになら、一年中どこでも販売されていますが、インターネット通販は、各産地から直接送れることで、訳あり品など、送料を払ってもまだお得なかにが見つかることも決して珍しくありません。

おいしいかにを食べたい方、たくさん買いたい方は、北海道のカニの通販からインターネットで購入するのがみんな笑顔になれる近道です。

食べ放題ツアーの一つに、かにもありますが、これまで体験しましたか。

こうしたツアーに過去申し込むのをためらっているなら、ぜひ一度、かにの産地を訪ねるかに食べ放題ツアーへの参加を強く推します。

なぜなら、とれたてのおいしい北海道のカニの通販で、近くのかに料理店に行くより上等の食べ放題で味わえるからです。