大谷選手に頑張れとエール

あまりプロ野球に興味はありません。

チーム名はいくつか挙げられるものの、最近はリーグの仕組みさえチンプンカンプンです。

そんな私が日ハムの大谷選手のニュースを見ました。

まあ、なんとあか抜けたお姿なのでしょうか。

顔が小さくて、まるでアイドルのようです。

身長も高くて、ユニフォーム姿もスーツ姿も映えますね。

しかも、この方は二刀流とかで投げても売ってもスゴイんだとか。

アメリカに行って活躍するプロ野球選手がたくさんいることは承知していて、「日本も世界レベルに追い付いてきた」とおぼろげに感じていましたが、今度は正真正銘の本物。

でも、あちらに行くと活躍がわかるようでわからなくなってしまう気がします。

テレビで一生懸命に応援していたファンの人達はがっかりしちゃわないんでしょうか。

好きな選手が成長してアメリカで活躍するようになれば応援した甲斐があったと諦められるのかしら。

大リーグに行ってしまうと日本の選手として活躍する機会を逸してしまうこともあると聞いたことがあります。

あれこれと考えると、複雑ですね。

それをストレートに発言したのが日ハムの栗山監督でした。

「一生文句を言ってやる」と本人に直接伝えたとか。

愛情を持って育てた監督だからこそ、本音を伝えても誰もが嫌な気分にならないのでしょう。

男のスポーツの世界って感じですね。

いまはただ、大谷選手が無事で活躍すればいいなあと思っています。

ただ、多くの選手が僅かな余力を残して日本に戻ってプレーをしているようですが、もう少し元気なうちに戻ってきてほしいと考えるのは私だけかな?